MENU

BigBoss(ビッグボス)の評判は?口コミと特徴・安全性や注意点まとめ

BigBoss(ビッグボス)の評判は?口コミと特徴・安全性や注意点まとめ
目次

BigBoss(ビッグボス)の基本情報と企業概要

BigBoss(ビッグボス)の基本情報と企業概要
BigBoss
会社概要
運営会社Prime Point LLC
設立年2013年7月
所在地1/F, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンスSVG IBC(登録番号:380 LLC 2020)
メールアドレスsupport@bigboss-financial.com
サポートデスク日本語対応(メール、ライブチャット)
証拠金管理分別管理
受賞歴(2023年度)2023年セントビンセント・グレナディーン
最も推奨されるCFDブローカー
最優秀暗号通貨CFDブローカー
最も透明性が高い外国為替取引プラットフォーム
公式サイトhttps://www.bigboss-financial.com/
BigBossの基本情報

BigBossとは?

BigBoss(ビックボス)は2013年に設立され、Prime Point LLCが運営する海外FX業者です。

BigBossはセントビンセント・グレナディーン諸島に本社を構え、セントビンセント・グレナディーン金融庁より金融ライセンス(SVG IBC 登録番号:380 LLC2020)を取得しています。

日本人ユーザー向けのサポートも充実させ、ボブ・サップ氏を起用したプロモーション活動を展開するなど、日本市場での存在感を強化しています。

さらに、代表者の名前やオフィスの様子を公開し、ライセンス情報を透明に表示するなど、透明性を重視した経営を行っている点も海外FX業者としては注目されています。

BigBoss(ビッグボス)の口コミ・評判

BigBoss(ビッグボス)の口コミ・評判

BigBossの評判をオンラインアンケートを利用して収集しました。

BigBossロスカットルールに関する口コミ・評判

BigBossでは最大1,111倍のレバレッジを利用して取引が可能ですが、証拠金維持率が20%を下回ると自動的にポジションがクローズされるロスカットルールが設定されています。高レバレッジで取引を行う場合は、証拠金の維持率を常に監視することが重要です。

証拠金維持率が20%以下という設定は海外FXの中でも比較的低いため、ロスカット水準に関しては評価が高いです。しかし、スリッページがやや多いため、注文が実行されずにロスカットが発生するリスクもある点には注意が必要です。

BigBoss(ビッグボス)の信頼性と安全性評価

BigBoss(ビッグボス)の信頼性と安全性評価

BigBossは海外FX業者として比較的高い安全性と信頼性を持っています。

確かに、日本の金融庁からはプロモーション活動に関して警告を受けていますが、これは他の主要な海外FX業者も同様の事例があるため、特に重大な問題ではないと考えられます。

加えて、金融ライセンスを取得し、お客様の資金と会社の資金を明確に分けて分別管理しています。もしBigBossが経営破綻するような事態が発生した場合でも、管財人を介して顧客資金の保全や返金が確実に行われる体制を整えています。

さらに、日本人スタッフが多く在籍しており、日本語ネイティブのスタッフも配置しているため、サポートの質が高く、メールだけでなくライブチャットでのサポートも提供しています。

これらの点から、BigBossは一般的な海外FX業者よりも高い安全性と信頼性を有していると言えます。

2023年World Business Outlook Awardsを受賞

BigBossは、シンガポールを拠点に活動するビジネス雑誌「World Business Outlook」が主催する「World Business Outlook Awards 2023」で、以下の三つの賞を受賞しました。

2023年セントビンセント・グレナディーンで開催された授賞式では、BigBossが最も推奨されるCFDブローカー最優秀暗号通貨CFDブローカー最も透明性が高い外国為替取引プラットフォームとして表彰されました。このように国際的な金融雑誌「WORLD BUSINESS OUTLOOK」から三つの賞を受賞したことは、BigBossの信頼性と透明性を強く示しており、ユーザーにとっては大きな安心材料となるでしょう。

BigBoss(ビッグボス)の提供する口座タイプ

BigBoss(ビッグボス)の提供する口座タイプ
BigBossお取り引き口座の種類・比較
口座タイプスタンダード口座プロスプレッド口座CRYPTOS口座
取引口座の通貨USD, JPYUSD, JPYBBC,USDT,BTC,ETH,EXC,XRP,RSVC,BXC,JPY,USD
通貨単位(1ロット)10万通貨10万通貨
取引手数料無料往復9ドル/Lot0.09~0.2%
最大レバレッジ1111倍1111倍現物取引(1倍)
初回最低入金額なしなしなし
最小取引単位0.01ロット0.01ロットBTCUSDT: 0.0001BTC
ETHUSDT: 0.001ETH
EXCUSDT: 0.001EXC
RSVCUSDT: 100RSVC
BXCUSDT: 1000BXC
BTCJPY: 0.0001BTC
ETHBTC: 0.001ETH
XRPJPY: 10XRP
ETHJPY: 0.001ETH
EXCUSD: 0.001EXC
USDTJPY: 10USDT
BBCUSDT: 10BBC
BBCJPY: 10BBC
最大ロット数50ロット50ロット
最大保有ポジション無制限無制限無制限
ボーナス対象対象対象外
BigBossの口座タイプ

BigBossでは、スタンダード口座、プロスプレッド口座、CRYPTOS口座(暗号通貨取引所)という三つの異なる口座タイプが提供されています。

それぞれの特徴を簡単にまとめると、少額投資が可能なスタンダード口座、大口トレード向けのプロスプレッド口座、そして暗号通貨の現物取引が行えるCRYPTOS口座となっています。

基本的には、米ドルやその他各国が発行する法定通貨を主に取り扱うスタンダード口座とプロスプレッド口座が、BigBossの主要なFX口座です。このため、これら二つの口座タイプに焦点を当てて解説を進めます。

スタンダード口座は手数料がかからず、狭いスプレッドで取引可能で、個人投資家にも使いやすい設計です。

一方、プロスプレッド口座は非常に狭いスプレッドを実現していますが、その代わり片道4.5ドル/lotの手数料がかかります。

これらの口座はどちらも同じレバレッジ条件を提供しています。

BigBoss(ビッグボス)のメリット

BigBoss(ビッグボス)のメリット

BigBossの主なメリットと特徴には、口座開設サポートの提供多様な入出金オプション、そしてデモ口座の利用可能といったものがあります。

まず、BigBossは口座開設のサポートを提供しており、これは海外FX業者の中では特に注目すべき点です。多くの海外FX業者が口座開設サポートを提供していない中、BigBossはサポートスタッフを配置しているため、登録プロセスで不明点がある場合にはすぐに相談が可能です。

次に、入出金方法の多様性もBigBossの大きな特徴です。BigBossでは国内外の銀行入金BXONEbitwallet、そして主要なクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB)を含む多彩な方法で入出金が行えます。出金も同様に多様な方法が用意されており、利便性が高いです。

最後に、BigBossではデモ口座を利用することができ、実際の資金を使う前に取引の練習が可能です。これにより、実際の資金をリスクにさらすことなく、取引の感覚を掴むことができます。

これらの特徴により、BigBossは多くのメリットを持っていると言えます。

BigBoss(ビッグボス)のデメリット

BigBoss(ビッグボス)のデメリット

BigBossのデメリットとしては、ゼロカットシステムが発動しにくいことや、一定期間取引がない場合に口座手数料がかかる点が挙げられます。

具体的には、120日間取引がないと口座維持手数料として毎月5ドルが課されます。これにより、利用しない期間が長引くと徐々に資産が減少するため、これをデメリットと見ることができます。

しかし、実際に使用してみると、これらの点はそこまで重大なデメリットではなく、少し使いにくいと感じる程度であるというのが一般的な意見です。

BigBoss(ビッグボス)のボーナス・キャンペーン情報

BigBoss(ビッグボス)のボーナス・キャンペーン情報

BigBossでは不定期ではありますが、年間を通じて多様なボーナスやキャンペーンが実施されています。いくつかの主なキャンペーンを紹介します。

BigBossの主なキャンペーン
  • 周年記念入金ボーナスキャンペーン:入金された金額の一部がボーナスとして付与されます。
  • バトルボーナスキャンペーン:入金額の100%のボーナスが提供されます。
  • W BOBBYキャンペーン:こちらも入金額の100%がボーナスとして付与されます。
  • クリスマス限定入金ボーナスキャンペーン:特定の入金方法を利用することで、最大100%の入金ボーナスが適用されます。
  • トリプルボーナスキャンペーン:入金額の100%がボーナスとして提供されるキャンペーンです。

BigBossのキャンペーンは一般的な海外FX業者に比べて長期間にわたって実施されることが多く、BigBossの大きな特徴の一つといえます。

ボーナスプログラムの口コミ・評判

BigBossが提供するボーナスは、驚くほどのボーナスを提供することがありますが、常時実施されているわけではありません。特に、1ロットの取引ごとに約4ドルのボーナスが付与されるキャンペーンは、非常に魅力的に感じられました。このボーナスはクレジットカードのポイントのように小規模でも頻繁に加算されるため、まるで小遣いを得ているような感覚になります。

1ロットの取引ごとに4ドルのボーナスが提供されるキャンペーンは、非常にお得だと評価されています。さらに、100%の入金ボーナスなど、海外FX業者の中でも特に豪華なボーナスを提供している点がBigBossの魅力の一つです。また、入金せずにトレードが可能な点も特筆すべき特徴です。ただし、利用する口座タイプによっては、ボーナスが適用されない場合もあるため、その点は注意が必要です。

BigBoss(ビッグボス)におけるレバレッジの取り扱い

BigBoss(ビッグボス)におけるレバレッジの取り扱い
BigBossのレバレッジ
証拠金残高最大レバレッジ
~約260万円未満1,111倍
~約650万円未満555倍
~約1,300万円未満200倍
1,300万円~100倍
BigBossのレバレッジ(JPY口座)
※1USD=130JPYでの算出

BigBossでは、全口座で最大1,111倍のレバレッジが設定されていますが、常にこのレベルで取引ができるわけではありません。ユーザーの残高や取引する為替ペアに応じて、レバレッジには制限が設けられます。

具体的には、円建て口座でユーザー残高が300万円を超えるとレバレッジが555倍に半減します。また、500万円を超えると200倍1,000万円を超えると100倍に制限されます。これにより、特に大口のトレーダーには大きな制約となる可能性がありますが、少額取引の場合は最大レバレッジを利用できるため、大きな影響はないでしょう。

さらに、マイナー通貨ペアを取引する場合は最大レバレッジが100倍に制限されます。Forex Exoticとして分類される15種類の通貨ペア、例えば香港ドルや中国元、シンガポールドル、メキシコペソなどがこれに該当し、これらの通貨ペアは残高にかかわらず100倍のレバレッジが適用されます。

レバレッジ設定に対する口コミ・評判

BigBossではレバレッジを最大555倍まで設定することができますが、私自身がその倍率で取引を行った経験では、小さなミスがすぐにロスカットを引き起こしてしまうことがありました。証拠金に余裕があるトレーダーにはメリットがあるかもしれませんが、少額取引を主に行う方にとってはリスクを伴う可能性があります。

※なお、BigBossのレバレッジは現在最大で1,111倍ですが、以前は最大555倍の設定期間もありました。

基本的に、BigBossではレバレッジが1,111倍と設定されており、他の海外FX業者と比べて非常に高いレベルです。これにより、少額の資金でも大きな取引が可能です。しかし、少額取引を主に行う方にとっては、この高レバレッジがロスカットに至るリスクを増加させる可能性があるため、取引には注意が必要です。

BigBoss(ビッグボス)のゼロカットシステムとロスカット基準

BigBoss(ビッグボス)のゼロカットシステムとロスカット基準
項目概要
ゼロカットシステム採用(追証なし)
マージンコール50%
ロスカット水準20%
BigBossのゼロカットシステム

2023年5月23日に、BigBossはゼロカットルールの更新を発表しました。

BigBossが採用しているゼロカットシステムのおかげで、追加証拠金の心配なくトレードが可能である点が大きな魅力です。ここでは、BigBossでのゼロカットの実行条件について詳しく説明します。

ゼロカットは証拠金維持率が20%を下回った際にロスカットが行われ、その結果口座がマイナス残高になることがあります。

この状況が発生すると、BigBossでは自動的にゼロカットが実施されます。ただし、実際の執行までにかかる時間にはばらつきがあります。時には数分でマイナスがクリアされることもあれば、次の営業日まで持ち越されることもあります。他の海外FX業者では数日かかることや、サポートに連絡しなければゼロカットが実行されないこともある中、BigBossのシステムは比較的スピーディで自動的に処理されるため、便利と言えるでしょう。

ゼロカットルールに対する口コミ・評判

BigBossは追加証拠金なしでゼロカットシステムを導入しています。このシステムのおかげで、もし口座残高がマイナスになっても、そのマイナス分はリセットされるため、入金した金額以上の損失を被ることはありません。これにより、取引におけるリスクが制限され、より積極的なトレードを試みやすくなります。

BigBossでは追証がないゼロカットシステムを採用しており、これによりハイレバレッジでのトレードが安心して行えるというのは大きな魅力です。しかし、マイナス残高のリセットに時間のばらつきがある点は注意が必要です。例えば、初めてのリセットが10分で完了したのに対し、次回は翌日までかかるなど、処理の一貫性がない場合があります。このようなムラがあるため、使用する際にはその点を考慮することが重要です。

BigBoss(ビッグボス)のスプレッド概要

BigBoss(ビッグボス)のスプレッド概要

BigBossではスタンダード口座とプロスプレッド口座で異なるスプレッドの設定が施されています。特にスタンダード口座のスプレッドは、他の海外FX業者に比べて若干狭いため、スキャルピングなどの短期取引で利益を出しやすいというメリットがあります。しかし、経済指標の発表や雇用統計のリリース時など、特定のタイミングでスプレッドが広がることがあるため、これらの時期は特に注意が必要です。

経済指標の発表スケジュールは事前に把握しておくべきです。さらに、取引量が少ない早朝や特に月曜の朝にスプレッドが広がりやすい傾向があります。日本時間の朝6時から7時の間は特に、スプレッドの拡大を避けるために取引を控えることをおすすめします。これらの点に気を付ければ、BigBossの比較的狭いスプレッドを活用することが可能です。

スプレッドに関する口コミ・評判

BigBossのスプレッドは海外FX業者の中で若干広めです。米ドル/日本円ペアの取引では、平均で約1.5 pipsのスプレッドが見られ、これは特に広いとも狭いとも言えない中間の範囲です。ただし、市場の取引量が急激に増えるとスプレッドが拡大しやすく、2.0 pipsを超えることも頻繁にあります。そのため、スプレッドを重視して取引を考えている場合は、他の業者を選ぶことも一つの選択肢です。

米ドル/日本円のペアで平均1.5 pipsのスプレッドを提供しているBigBossですが、手数料もかかるため全体的にコストが高めです。また、市場の状況によってはスプレッドが突然広がることがあり、注意が必要です。しかし、プロスプレッド口座ではスプレッドがさらに狭く設定されており、国内の狭いスプレッドに慣れた日本人トレーダーにとっては違和感なく取引が可能です。

BigBoss(ビッグボス)におけるスワップポイント

BigBoss(ビッグボス)におけるスワップポイント

BigBossのスワップポイントについては、多くの通貨ペアでマイナスの値を示すことがあり、特にスワップトレードを考えている場合は慎重な検討が必要です。

具体的には、メジャー通貨ペアやマイナー通貨ペアを問わず、多くの場合で買いも売りもマイナススワップが多いため、スワップポイントを利用したトレードには適していないと言えます。

例外として、米ドルトルコリラのペアではトルコリラを保有することでプラスのスワップポイントを期待できますが、市場の不安定さからトレードが困難な場合があります。

クロス円の中では、シンガポールドル円がシンガポールドルを保有する際にプラススワップが得られやすい傾向にあります。しかし、全体としてスワップポイントは低めに設定されているため、この点を理解した上で取引を行うことが重要です。

BigBoss(ビッグボス)のスキャルピング

BigBoss(ビッグボス)のスキャルピング

BigBossでは条件付きでスキャルピングが認められています。同一口座での両建てスキャルピングは可能ですが、制限として高速スキャルピングの禁止や、市場の価格変動が激しい時間帯での取引禁止があります。

具体的には、高速スキャルピングについての頻度や詳細が明記されていないため、どの程度の速度での取引が禁止されるのか判断が難しいです。また、市場が不安定な時間帯に偶然取引してしまうことも考えられるので、取引する際には注意が必要です。加えて、公平性を欠く取引と判断された場合には、BigBossの裁量で取引が制限される可能性もあります。

ゼロカットシステムがあるとはいえ、無理なスキャルピングを行った結果、ペナルティを受けることもありますので、その点も留意する必要があります。スキャルピングが許可されているとはいえ、多くの条件があるため、慎重に取引を行うことが推奨されます。

スキャルピングに関する口コミ・評判

システムの面では問題がないのですが、BigBossのスプレッドが他の業者よりもやや広めである点、またプロスプレッド口座における取引手数料が「1ロットあたり片道4.5ドル」という設定は同業他社と比較しても少し高めです。これらの理由から、スキャルピングには向いていないと考えます。

BigBossではスキャルピングが認められており、通常他の業者では禁止されている両建て取引も許可されています。しかし、スキャルピングにはあまり適していないという評判もあります。その主な理由は、BigBossのスプレッドが他の業者に比べてやや広いため、頻繁にトレードを行うスキャルピングスタイルでは利益を上げにくいとされています。

BigBoss(ビッグボス)での両建て取引

BigBoss(ビッグボス)での両建て取引
BigBossの両建てルール・禁止事項
同一口座複数口座間
他FX業者間グループ(複数人)
指標トレード窓開け
BigBossの両建てルール・禁止事項

BigBossでは両建て取引が許可されていますが、これは同一口座内での取引に限られます。一方、異なる口座間での両建て、経済指標発表時の両建て、また他のFX会社を介した両建てが発覚した場合、ペナルティが適用されることがあります

これらの行為が発覚すると、口座の凍結取引停止、さらには利益の没収といった厳しい措置が取られる可能性があります。特に経済指標発表に関しては、初心者がそのタイミングを把握していないことも多いため、最初は両建てを避け、単独取引で市場の動きや経済指標の発表時期を理解する必要があります。

このような背景から、経済指標発表日に無意識にペナルティを受けるリスクを避けるためにも、両建て取引を始める前に十分な理解と慣れが必要です。

BigBoss(ビッグボス)における自動売買サポート

BigBoss(ビッグボス)における自動売買サポート

BigBossでは条件付きで自動売買が可能です。BigBossにおける自動売買の環境や条件を詳しく見てみましょう。

BigBossでの自動売買は、MT4やMT5のEA(Expert Advisors)を使用して行います。MT4は世界中で広く利用されている取引ツールであり、そのため自動売買のシステムも多く公開されており、利用者も多いです。これにより、BigBossの自動売買環境は選択肢が豊富で、多くのトレーダーにとって利用しやすいものとなっています。MT4で利用できるEAには、無料で公開されているものも多いため、手軽に始められるのが特徴です。

自動売買機能の口コミ・評判

BigBossでの自動売買は問題なく行うことができました。MT4を使用して自動売買を行い、システムは正常に機能しました。また、BigBossはMT5にも対応しているため、MT5に慣れているトレーダーにとっても利点が多いと思います。さらに、スキャルピング系のEAも受け入れており、この点ではプラットフォームの親和性が高いと感じます。

BigBossではMT4を使用した自動売買がスムーズに機能しており、その点については良い評判があります。また、MT5にも対応しているため、さらに多くのトレーダーにとって魅力的です。ただし、自動売買はサポートされているものの、提供されている通貨ペアの数が少ないため、マイナー通貨ペアを使った自動売買にはあまり適していないという面もあります。

BigBoss(ビッグボス)のストップレベル設定

BigBoss(ビッグボス)のストップレベル設定準
通貨ペアストップレベル
USDJPY10
EURJPY10
GBPJPY10
AUDJPY10
AUDUSD10
EURAUD10
GBPAUD10
EURUSD10
GBPUSD10
EURGBP10
XAUUSD10
BigBossのストップレベル

FXではストップレベルを設定することにより、指値や逆指値注文を使用して損失を最小限に抑えることができます。

BigBossでは、ストップレベルが非常に低く設定されており、スタンダード口座およびプロスプレッド口座では1pipとなっています。この低いストップレベル設定のおかげで、小さな利益が出る短いタイミングでのトレードも可能となり、利益を最大化する機会を増やすことができます。通常、ストップレベルが高い場合、十分な利益が出るまでのトレードが制限されることがあり、それにより可能な小さな利益を逃すことがあります。

しかし、BigBossでのストップレベルは非常に低いため、購入価格とほぼ同等で売却することが容易になります。

このようにBigBossでは、少額の利益を狙うトレードも容易に行えるため、利用者にとって有利な設定が施されています。

BigBoss(ビッグボス)の取引時間

BigBoss(ビッグボス)の取引時間
BigBoss取引時間適用期間
夏時間(月) 午前7:05 ~ (火) 午前7:00
(火) 午前7:05 ~ (水) 午前7:00
(水) 午前7:05 ~ (木) 午前7:00
(木) 午前7:05 ~ (金) 午前7:00
(金) 午前7:05 ~ (土) 午前6:55
3月の第2日曜日~11月の第1日曜日
冬時間(月) 午前8:00 ~ (火) 午前7:00
(火) 午前8:00 ~ (水) 午前7:00
(水) 午前8:00 ~ (木) 午前7:00
(木) 午前8:00 ~ (金) 午前7:00
(金) 午前8:00 ~ (土) 午前6:55
11月の第1日曜日~3月の第2日曜日
BigBossの取引時間

BigBossでは基本的に24時間取引が可能ですが、FX市場は月曜日早朝から土曜日早朝までとなっています。

具体的な取引時間は、夏時間中は月曜日の6:05から土曜日の5:55まで冬時間中は月曜日の7:05から土曜日の6:55までです。ただし、毎日のメンテナンス時間である6:00から6:05まで(冬時間では7:00から7:05まで)は取引ができませんので、この点には注意が必要です。

日曜日はBigBossでは取引が行えないため、金曜の夜や土曜の朝には資金を引き揚げておくことを推奨します。これは、月曜の朝に市場が開く際に突然の価格変動が起こる可能性(窓が開く)があるからです。

さらに、3月の第二日曜日と11月の第一日曜日の深夜2:00には夏時間と冬時間の切り替えがあるため、この期間も取引時間が変動することを覚えておくと良いでしょう。

BigBoss(ビッグボス)が提供する取引プラットフォーム

BigBoss(ビッグボス)が提供する取引プラットフォーム
BigBoss取引プラットフォーム

BigBossのプラットフォームは、MT4とMT5を提供しており、これらはパソコンだけでなく、iPhone、iPad、Androidなどのタブレットやスマートフォンにも対応しています。そのため、どこにいてもBigBossでのトレードが可能です。また、MT4やMT5は多くのFX会社でも使用されているため、非常に使い勝手が良いと言えます。

さらに、BigBossは自動売買にも対応しており、これが利便性を高めています。トレード環境の面で見ると、BigBossは非常に優れた海外FX業者と言えるでしょう。

スマートフォン用アプリ「BigBoss QuickOrder」

BigBoss QuickOrder

BigBoss QuickOrderは、2022年にBigBossがリリースしたMT4およびMT5対応のスマートフォンアプリです。このアプリはスタンダード口座とプロスプレッド口座に対応しており、場所を選ばずにいつでもFXやCFDの取引が行えます。

アプリでは、各通貨ペアの気配値やチャートをリアルタイムで確認できるため、市場の動向を即座に把握することが可能です。成行注文や指値注文など、取引を迅速に行うことができます。

また、このアプリにはTradingViewの高機能チャート分析ツールが搭載されており、多様なインジケーターや描画ツールを利用できます。現在のポジションや損益、口座残高、入出金履歴などのアカウント情報も一目で確認することができるため、トレーダーにとって非常に便利なツールとなっています。

BigBoss(ビッグボス)口座開設の流れと必要書類

BigBoss(ビッグボス)口座開設の流れと必要書類

BigBossの口座開設は、以下の3つのステップで行われます。

BigBoss(ビッグボス)口座開設の流れ
  • 最初に、BigBossの公式ウェブサイトにアクセスして、口座開設フォームを開きます。ここで、希望するプラットフォームを選び、スタンダード口座や取引手数料の発生するプロスプレッド口座など、どの口座タイプにするかを選択します。
  • 氏名、生年月日、メールアドレス、お好みのパスワードを入力
  • その後、登録したメールアドレスとパスワードを使用してBigBossのサイトにログインすると、個人情報の詳細を入力するフォームが表示されます。ここで住所や電話番号などの情報を入力します。

これらの手続きを完了後、必要な本人確認書類と住所証明書類をアップロードします。審査が終わると、口座が開設され、BigBossでの取引を開始できます。

BigBoss(ビッグボス)のデモ口座概要

BigBoss(ビッグボス)のデモ口座概要
BigBoss デモ口座
BigBossのデモ口座スペック
デモ口座開設数無制限
有効期限最終ログインから1年経過で削除
口座タイプスタンダード口座
プロスプレッド口座
投資額(証拠金)自由に設定可能
デモサーバーMT5 : BIGSolutions-LIVE1
MT4 : BIGSolutions-DEMO2
レバレッジ変更リアル口座開設不要
MT4MT5
BigBossのデモ口座スペック

BigBossではデモ口座を利用することができ、手順は以下のように進めます。

デモ取引開始までの流れ
  • BigBossの公式ウェブサイトからMT4をダウンロードし、パソコンにインストールします。インストール後、MT4を開いて、メニューからデモ口座の申請を選びます。申請画面で「BigBoss-demo」というデモサーバーを選択します。
  • 新しいデモ口座の設定画面で「次へ」をクリックし、氏名、メールアドレス、電話番号を入力します。続いて口座タイプを選択します。BBJ-SQ(日本円建てデモ口座)またはBBU-SQ(ドル建てデモ口座)から選択することができます。
  • 希望するレバレッジを設定します。デモ口座ではリアル口座同様に最大1,111倍のレバレッジを設定可能です。これらの手順を完了すると、デモ口座のログイン情報が表示され、デモ取引を開始できます。

BigBoss(ビッグボス)における入金方法

BigBoss(ビッグボス)における入金方法
入金方法入金手数料反映時間最低入金額
国内銀行入金無料※0~1営業日なし
クレジットカード無料0~1営業日50,000円
500ドル
bitwallet無料0~1営業日10,000円
100ドル
BXONE無料0~1営業日5,000円
50ドル
暗号通貨無料0~2営業日なし
CRYPTOS無料0~2営業日なし
海外銀行入金無料2~5営業日なし
BigBossの入金方法

BigBossの入金プロセスは、公式サイトにアクセスしログイン後、選択した入金方法で資金を送る手順です。

BigBossの入金手順
  • BigBossのウェブサイトにアクセスしてマイページへログインします。ログインには、登録済みのメールアドレスとMT4口座のログインパスワードが必要です。
  • ログイン後、国内銀行入金、クレジットカード、bitwallet(ビットウォレット)、BXONE、仮想通貨の中から入金方法を選択します。
  • 選んだ方法の入金画面で、入金額を指定します。その後、ネットバンキングやその他の支払い方法を通じて資金を送金し、BigBossの口座に反映されれば入金が完了します。

このプロセスは比較的スムーズに進むため、入金に関しては手間が少ないといえます。

なお、50,000円未満の入金の場合には1,000円の手数料が発生する点に注意が必要です。

入金プロセスに対する口コミ・評判

BigBossでの入金方法として、私はクレジットカードではなく国内銀行送金を選びました。特に楽天銀行を利用することで、非常に簡単に資金が反映されました。銀行送金は一般的に使いにくいという印象がありますが、実際にはとてもスムーズで、楽天銀行の口座から直接入金できるので手間がかかりませんでした。

BigBossの入金システムは、楽天銀行の口座に直接入金することで速やかに反映される点が魅力的です。さらに、クレジットカード、bitwallet、BXONE、仮想通貨、海外銀行送金など、多様な入金オプションを提供しています。これらの方法は手数料がほとんどかからないため、特に注目すべきメリットです。

BigBoss(ビッグボス)の出金方法

BigBoss(ビッグボス)の出金方法
出金方法出金手数料着金時間
国内銀行送金JPY口座 2,000円
USD口座 20ドル
2~5営業日
bitwallet無料1~5営業日
BXONE無料1~5営業日
仮想通貨BTC口座:0.002
ETH口座:0.01
EXC口座:0.0015
XRP口座:20
RSVC口座:400
BXC口座:4000
USDT口座:20
1~2営業日
BigBossの出金方法

BigBossは国内銀行送金、BXONE、bitwalletを使用した出金方法に対応しています。出金プロセスは、BigBossにログインし、メニューボタンから出金を選択することから始めます。

出金方法として、国内銀行送金を選ぶ場合は、銀行名とSWIFTコードを入力する必要があります。なお、SWIFTコードが必要なため、それがない銀行や信用金庫では使用できない点に注意が必要です。

出金額を指定して申請を完了させると、bitwalletやBXONEでは1~5営業日、銀行送金では4~5営業日で処理が完了します。

ただし、出金にはいくつか注意すべき点があります:

出金時に注意すべき点
  • 出金口座はBigBoss口座と同一名義であること。
  • クレジットカードで入金した金額は60日後に出金可能。
  • 出金前に少なくとも1回は取引を行う必要がある。
  • 出金操作を行うと、口座内のボーナスが全て削除される。
  • 証拠金維持率が100%以下の場合、出金ができない。

これらの点を理解し、適切に対応することが重要です。

出金手順についての口コミ・評判

BigBossでは銀行出金が可能ですが、国内銀行への直接出金は行えません。出金は海外送金という形で行う必要があり、私が試したところ、出金申請から5日後に着金しましたが、手数料が数千円以上かかりました。このため、少額の出金では手数料が比較的高くなるので、注意が必要です。少額の出金を避けることをお勧めします。

BigBossでは、銀行出金のオプションがありますが、海外からの送金には5日後の着金となり、手数料が数千円以上かかるため、使い勝手が良くないと感じることがあります。その他の出金方法には、bitwalletやBXONEを通じた出金が含まれており、これらは使い慣れていない方にとってはやや不便に感じられるかもしれません。各出金手段の特徴を理解し、最も適した方法を選ぶことが重要です。

BigBoss(ビッグボス)利用時の注意事項

BigBoss(ビッグボス)利用時の注意事項

BigBossにはいくつか注意すべき点があります。まず、出金遅延に関する噂が存在します。これはオーナー企業の変更や拠点の移転などによる運営の混乱が原因で起こり得るとされています。

次に、サービスの頻繁な改訂があります。過去にはトレードの最大レバレッジが変更されるなど、重要な更新が行われてきました。このため、運営からの告知には常に注意を払い、最新情報を確認する必要があります。

さらに、クレジットカードでの入金に関しては特定の条件が設けられています。具体的には、クレジットカード入金後60日間は出金が制限されるというルールがあります。

休眠口座のポリシーと口座解約の条件

BigBossでは休眠ユーザー制度口座解約制度が設けられています。

休眠ユーザー制度は、120日間入金、取引、資金移動がない場合に適用されます。この状態になると、口座維持手数料が発生し、ポイントやボーナスが無効化されることになります。

また、口座解約制度により、休眠状態が続く場合、その口座は解約され、後に再度有効化することはできません。

BigBossを利用する際には定期的な取引を行うことが必要です。

BigBoss(ビッグボス)に関するよくある質問

BigBoss(ビッグボス)に関するよくある質問

BigBoss(ビッグボス)に関して、利用前に確認しておきたいよくある質問を紹介します。利用を検討している方は、これらの質問をチェックしてから利用を開始してみてください。

BigBossで スキャルピングは許可されていますか?

BigBossではスキャルピングトレードが許可されていますが、サーバーの性能に影響を及ぼすような極めて短期の売買はガイドラインに違反することがありますので注意が必要です。また、ゼロカットシステムも導入されているため、取引においてはより安心して行うことができます。

BigBossは自動売買ソフトは使用可能ですか?

はい、EA(Expert Advisor)を利用した自動売買も設定可能です。

BigBossのボーナスやキャンペーンの有無は?

BigBossでは、トレードを行うことでBBP(BigBossポイント)を獲得し、「BigBossポイントガチャ」に参加することができます。また、BigBossでは不定期に新規口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのキャンペーンを実施していますので、最新の情報は公式サイトで確認することをおすすめします。

BigBossで同一口座内での両建ては許可されていますか?

BigBossでは同一口座内での両建て取引に対する規制はありません。ただし、経済指標発表時の両建て取引、頻繁に両建て取引を行う行為、および異なる二つの口座間での両建て取引は禁止されています。

BigBossで提供される口座タイプは?

BigBossでは、3種類の口座タイプが提供されています。「スタンダード口座」「プロスプレッド口座」「CRYPTOS口座」です。

BigBossの最低入金額はいくら?

国内銀行入金の場合、1,000円の入金手数料が発生するため、入金額が1,000円未満の場合は反映されません。また、50,000円以上の入金の場合は手数料が無料になります。クレジットカードを使用した入金は手数料が無料ですが、最低入金額が50,000円と設定されています。

BigBossで法人口座の開設は可能ですか?

法人口座の開設には追加の書類提出が必要です。具体的には、「登記簿謄本」や「法人の住所証明書」など、6種類の書類が求められます。

BigBossの 口座維持手数料の有無は?

BigBossでは2022年11月より、休眠ユーザーに対する口座維持手数料が導入されました。120日間一切のトランザクションがない口座は「休眠口座」とみなされ、月額5ドルの口座維持管理手数料が課されるようになります。

お客様の口座に対する口座維持手数料の徴収は、休眠ユーザーと判定された後、休眠状態となってから1か月後に徴収開始されます。

その前に、いずれかのトランザクションがあれば口座維持手数料の徴収は行われません。

また、口座解約は口座維持手数料の5ドルが徴収できなくなった日の1か月後となり、徴収日に残高がゼロだった場合はその時点で即解約となります。

引用元:BigBoss

BigBossの入金反映のタイミングは?

入金方法によって入金反映時間が異なります。国内銀行入金の場合、反映には0から1営業日かかります。一方で、クレジットカードやbitwalletを使用した入金は即時に反映されます。

BigBossでデモ口座の利用は可能ですか?

BigBossでは、MT4およびMT5プラットフォームを使用したデモ口座でのトレードが可能です。

BigBossで追加口座の開設は可能ですか?

BigBossでは、一人当たり最大5つの取引口座を開設することが可能です。ただし、大量の口座開設が発覚した場合は取り締まりの対象になるため、この点には注意が必要です。

複数口座を開設された際、弊社コンプライアンス本部より調査が入る場合もございます。
追加口座開設はマイページよりご申請くださいませ。

引用元:BigBoss

BigBossの最大ロット数は?

BigBossでは、一度に取引できる最大ロット数は50ロットです。また、ポジション数には上限が設けられていません。

BigBoss(ビッグボス)の評判・安全性・信頼性まとめ

BigBoss(ビッグボス)の評判・安全性・信頼性まとめ

BigBossは日本人ユーザーに向けてサービスを充実させており、サポート体制の整備や口座開設の手助けが提供されているため、利用しやすい環境が整っています。

安全性の面では、適切なライセンスの保持や資金の分別管理が行われており、信頼性が高いとされています。

また、定期的に実施されるボーナスプログラムやデモ口座の提供など、ユーザーに多くのメリットがある取引環境が用意されています。

しかし、出金遅延や、クレジットカードでの入金後の一定期間出金制限など、いくつかの制約も存在します。

BigBossでは規約やルールの変更が頻繁に行われるため、利用する際には最新の情報を常にチェックすることが推奨されます。

以上がBigBossの評判は?口コミと特徴・安全性や注意点まとめでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次